527() 東京10R 日本ダービー(GI) 2400m


ダービータイトル(ライブ)


【過去10年のデータから(JRA)】


夢と誇りを賭けた一世一代の大勝負!

「第79回 東京優駿(日本ダービー)」

2005年には圧倒的な強さを見せつけたディープインパクトが、2011年には雨中に強烈な末脚を発揮したオルフェーヴルが優勝、秋には菊花賞も制しクラシック三冠制覇を達成した。また、2007年にはウオッカが牝馬として64年ぶりとなる優勝を成し遂げた。競馬の祭典とも言われるこの一戦を制することは、すべてのホースマンが夢見る競馬界最高の栄誉と言っても過言ではない。それでは、過去10年のレース結果から導き出された注目のデータをお届けしよう。


芝で3勝以上の馬が圧倒!


まず、芝のレースにおける通算勝利数別成績に注目してほしい。優勝馬10頭はすべて「3勝以上」を挙げていた馬で、2着馬も9頭が同グループから送り出されていた。しかも、好走率は勝利数が増えるに従って上昇しており、「5勝」馬にいたっては、3着内率80.0という高い値を叩き出している。今年も芝コースでの通算勝利数に注目したいところだ。


D1

近3走以内での重賞勝ちの実績が重要!


近3走以内に出走した芝の重賞レースでの最高着順別成績を調べると、興味深いデータが得られた。連対馬20頭は、すべて「1着」グループから送り出されていた。また、3着には「2着」組から4頭が出ているが、「3着以下」や「芝の重賞不出走」組は3着以内ゼロという結果に終わっている。近3走以内における芝の重賞レースでの着順は、今年も見逃せないポイントになるだろう。


D2

3走前と2走前の着順も要チェック!?


さらに、3走前と2走前の着順も、注目のチェックポイントになりそうだ。「3走前と2走前ともに1着」グループは、勝率19.4%、連対率22.6%、3着内率29.0%とすべてのカテゴリーでトップの数値となっている。次いで「3走前より2走前の着順が上」グループが連対率14.0%をマークしているのに対し、「3走前より2走前の着順が下」グループは同6.2%、「3走前と2走前の着順が同じ(1着を除く)」グループは同0%と苦戦傾向にある。前走だけでなく、3走前と2走前の着順にも、目を光らせる必要がありそうだ。


D3

勝率では前走GI 出走馬が断然!


前走のレース別成績を見ると、過去10年の優勝馬はすべて、前走で「皐月賞」・「NHKマイルC」・「桜花賞」のGI レースに出走していたことがわかる。3着内率でも、このGI 3レースは上位となっており、前走がGI 以外のトライアルレースなどのグループを、一歩リードしている。今年もこの傾向が続くのか、注目してみたい。


D4

【予想ポイント】

(皐月賞馬)

1番人気で勝っていること

(皐月賞馬以外のローテ)

前走が皐月賞(基本は23着。ただし、皐月賞2番人気以内なら4着以下でもOK)

前走がNHKマイルC3着以内)

前走が青葉賞(1着)

前走が京都新聞杯(1)