527() 東京12R 目黒記念(GⅡ) 2500m


目黒記念タイトル(ライブ)


【過去10年のデータから(JRA)】


手に汗握る伝統のハンデキャップレース!

「第126回 農林水産省賞典 目黒記念」

2006年から日本ダービー当日の最終レース(2011年は日本ダービー前日のメインレース)で行われるようになった伝統の一戦。ハンデキャップレースとあって、過去10年で1着と2着の着差が“クビ差”の接戦となったことが、実に7回あるなど、東京競馬場の長い直線で手に汗握る激しい攻防が繰り広げられている。また、2002年と2003年にはトシザブイが、2006年と2007年にはポップロックがそれぞれ連覇を果たしており、距離・コース適性も焦点になるだろう。ここでは、過去10年の結果から注目のデータを導き出していこう。


負担重量「56.557.5キロ」組が優勢!


まず、負担重量別の成績を見ると、好走率でトップの数値をマークしたのは「56.557.5キロ」のグループだ。同グループの連対率19.2%は、決して断然トップと言える数値ではないが、3着内率30.8%は他のグループを大きく上回る優秀な数値と言えるだろう。好走率の2位にも、3位以下と差は少ないながら「58キロ以上」組が続いており、負担重量が軽いグループより、重いグループの方が優勢に立っていると言える。

M1

前走「芝2400m以上」組が上位!


次に、前走の距離別成績を見ると、優勝馬10頭中9頭が、前走「芝2400m以上」組から送り出されていた。同組は出走数延べ111頭で、全出走馬の64.9%と多数を占めているが、3着以内馬30頭のうち73.3%にあたる22頭、連対馬20頭のうち75.0%にあたる15頭をそれぞれ送り出している。その他では「芝20002300m」組から3着以内馬7頭が送り出されているが、前走が「芝1900m以下」の馬は過去10年で1回も3着以内に入っていない。

M2

前走の着順と勝ち馬とのタイム差に注目!


前走の着順と勝ち馬とのタイム差別成績を集計すると、「前走1着」馬が勝率こそ8.0%で、「0秒0~0秒5差」組の8.7%に及ばなかったが、連対率・3着内率ではトップの数値となっていた。しかも、「前走1着」馬のうち、2006年の勝ち馬ポップロックが前走で1000万下、2010年の勝ち馬コパノジングーが同1600万下のレースを勝利しており、条件クラスを勝ち上がってきた馬の勢いにも注目したいところだ。

M3

【予想ポイント】

(ハンデ)

トップハンデ馬は狙いにくい

軽ハンデ馬は、51キロなら狙える

5457キロが好走圏内

(実績)

重賞3着以内経験

前走~3走前のいずれかで1

(ローテ)

前走が天皇賞・春(49)

前走が芝2000m以上の条件戦(1)

前走が芝2000m以上のGⅡ・G(9着以内)

前走がメトロポリタンS(6着以内)

(年齢)

7歳以上の馬はやや苦戦傾向