4月29日(日) 京都11R 天皇賞・春(GI) 芝3200m


天皇賞タイトル(ライブ)


【過去10年のデータから(JRA)】

 過去10年の天皇賞(春)で、単勝1番人気で2着以内に入ったのは2006年に優勝したディープインパクトただ1頭。単勝オッズ1.1倍に支持された歴史的名馬を除く9頭の
単勝1番人気馬がすべて3着以下に敗れているデータは、念頭においておいた方が良いかもしれない。また、2着馬は単勝「2~4番人気」、単勝オッズ「2.09.9倍」のエリアから多く出て、3着馬は単勝「4~5番人気」、単勝オッズ「7.014.9倍」から多く出ているというデータも興味深い。


T1

 天皇賞(春)の過去10年のデータでは、
「4歳馬」が6勝を挙げている。「5歳馬」は3着に6頭が入っているものの、勝率と連対率では「4歳馬」を下回る結果となっていた。そして「7歳以上」の馬は苦戦傾向が顕著。連対したのは2005年のビッグゴールドと2010年のマイネルキッツのみで(ともに7歳)、全体的に厳しい状況となっている。

T2

 過去10年の天皇賞(春)の3着以内馬30頭のうち24頭を、前走が「3着以内」だった馬が占めていた。同じ掲示板に載った馬でも前走が
「4~5着」だった馬は、延べ28頭出走して3着以内がゼロというのは気になるデータと言えるだろう。ちなみに前走「6~9着」から巻き返して連対した3頭には、いずれも前年の秋にGI を勝った実績があった。また、前走「10着以下」から2着に食い込んできた2頭(2003年サンライズジェガー、2007年エリモエクスパイア)は、ともにこのレースが「初の古馬GI 出走」という共通点があった。

T3

 天皇賞(春)では、
「前年の秋に芝2400m以上のGI に出走して、4~8着になっていた」という馬が、該当馬の出走がなかった2003年以外で必ず連対しているということがわかった。2011年は該当馬が4頭出走して、そのうちの2頭が1、2着となっている。この条件に該当する馬には注目しておくことをおすすめしたい。

T4

【予想ポイント】

(距離実績)

3000m以上の連対歴

24002600mの連対歴

2400m以上の3着経験

(ローテ)

前走が日経賞(着順不問)

前走が産経大阪杯(7着以内、GI連対経験馬に限る)

前走が阪神大賞典(2着以内)

前走が上記以外の芝2200m以上のレース(2着以内)