予想不可能!? by ぶちょお

2015年09月

921() 中山11R 朝日杯セントライト記念(2) 2200m

 

セントライト記念

 

【過去10年のデータから(JRA)】

 

秋の大舞台へ向け3歳世代の精鋭がしのぎを削る

「第69回 朝日杯セントライト記念(菊花賞トライアル)」

セントライト記念は、クラシック三冠最終戦となる菊花賞のトライアルレースで、3着までの馬に与えられる優先出走権をかけて、毎年熱戦が繰り広げられている。しかし、過去10年では、当レースをステップに菊花賞を制した馬は出ていない。ただし、2012年の優勝馬フェノーメノや、2014年の覇者イスラボニータのように、菊花賞ではなく天皇賞(秋)へと向かう馬もおり、出走各馬のこの一戦でのレース振りは、秋のGI 戦線を占う重要なヒントになり得るだろう。今回は、新潟競馬場で行われた2014年を含む過去10年のデータをもとに、レースの傾向を探ってみよう。

 

前走のレース格に注目

過去10年の前走のレース別成績を調べると、好走率でトップとなっているのは「日本ダービー」組で、「GIIJpnIIGIIIJpnIII」組が勝率と3着率でそれに次ぐ数値をマークしている。ただし、「1600万下、1000万下」組から連対馬7頭、「500万下」組から勝ち馬2頭を含む3着以内馬5頭が出ている。率の上では重賞路線を歩んできた馬が優位に立っているが、条件クラスからの臨戦馬も軽視は禁物だろう。


A1
 

直近のレースでの単勝人気にも注目

過去10年の出走馬が直近で出走していた芝のGIJpnI 以外のレースでの単勝人気別に成績をまとめると、優勝馬は10頭全て、2着馬は10頭中9頭が対象となったレースで3番人気以内に支持されていた。やはり秋のGI 戦線に駒を進めようとする馬が集う一戦とあって、GI 以外のレースに出走した際に上位の評価を受けていたような馬でないと、好走はなかなか難しいようだ。


A2
 

過去3走で敗れていたレースでの着差をチェック

過去10年の出走馬が過去3走以内に出走していたレースのうち、芝のGIJpnI を除き直近で敗戦していたレースでの勝ち馬とのタイム差別に成績を調べてみると、過去3走以内に芝のGIJpnI 以外のレースでは負けていなかった「該当レース無敗」組が好走率で断然の数値をマークしている。それ以外のグループを見ると、敗戦時の勝ち馬との着差が「0秒2以内」だった馬の成績が上位となっている。近走で芝のGIJpnI 以外のレースでは負けていない馬や、負けていたとしても着差の小さかった馬を重視したいところだ。


A3

920() 阪神11R ローズステークス(2) 1800m

 

ローズS

 

【過去10年のデータから(JRA)】

 

秋の大レースへ向けて注目の一戦

「第33回 関西テレビ放送賞 ローズステークス(秋華賞トライアル)」

3歳牝馬三冠の最終戦・秋華賞のトライアルレースとして行われるローズS。ここで好成績を挙げた馬は本番の秋華賞のみならず、その後のエリザベス女王杯で活躍するケースも多い。秋のGI 戦線に向けて要注目の一戦と言えるだろう。本レースは、春シーズンに活躍した実績馬が好走するケースが目立つ一戦だが、昨年の2着馬タガノエトワールは2週間前の小倉競馬で初勝利を挙げたばかりだったように、ひと夏を越して成長を見せている馬にも注意が必要だ。今回は、阪神・芝2000mで行われた2005年と、中京・芝2000mで行われた2006年を含めた過去10年の結果から、レースの傾向を分析していこう。

 

上位人気馬が優勢

過去10年の単勝オッズ別成績を調べると、単勝オッズ「1.9倍以下」、「2.03.9倍」という高い支持を集めた馬が好成績を残している。しかし、それに続く「4.09.9倍」のエリアからは連対馬が出ておらず、「10.019.9倍」のエリアもいまひとつの成績となっている。一方で、「20.029.9倍」のエリアが3着内率43.8%と、目を引く数値をマークしている。


R1
 

好走馬の臨戦過程は?

過去10年の前走のレース別成績を調べると、前走がGIJpnI だった馬から多くの好走馬が出ており、なかでも「オークス」以来の出走となった馬が3着以内馬30頭中15頭を占めている。その他のレースから臨んだ馬は全体的にいまひとつだが、前走が1000万下のレースだった馬が26頭出走し、5頭が3着に入っている。


R2
 

重賞での成績に注目

過去10年の連対馬の近走の成績を調べると、「3走前までに重賞で3、4着に入っていた」という馬が2007年と2008年を除いた年で連対していることがわかった。ちなみに、2007年はこの条件に該当する馬が出走しておらず、2008年は3着のレジネッタがこの条件に該当していた(2走前にオークス3着)。今年もこの条件を満たす馬の出走があれば、注目してみてもよさそうだ。


R3

このページのトップヘ