予想不可能!? by ぶちょお

2015年07月

82() 札幌11R クイーンステークス(3) 1800m

 

クイーンS

 

【過去10年のデータから(JRA)】

 

秋の大舞台へと続く真夏の牝馬限定重賞

「第63回 北海道新聞杯 クイーンステークス」

2010年のアプリコットフィズを皮切りに、2012年まで3年連続で3歳馬が優勝したクイーンS。しかし、2013年に前年の優勝馬アイムユアーズが連覇を果たし、昨年は5歳馬のキャトルフィーユが勝利を手にした。3歳馬にとっては秋華賞、4歳以上の馬にとってはエリザベス女王杯へ向けた重要な一戦だ。今回は、函館競馬場で行われた2013年を含めた過去10年の結果から、レースの傾向を調べていく。

 

単勝人気別の成績は?

過去10年の単勝人気別成績を調べると、連対率では「1番人気」「2番人気」馬が50.0%とまずまずの数値をマークしている。それに対し、苦戦傾向にあるのが「4番人気」「5番人気」馬で、2005年の優勝馬レクレドール(5番人気)以降は連対馬が出ていない。なお、「6番人気以下」の馬は、優勝馬こそ2009年のピエナビーナス(11番人気)のみだが、3着以内に計11頭が食い込んでいる。伏兵馬の台頭は、常に警戒すべきだろう。


K1
 

春の牝馬GI からの臨戦馬に注目

過去10年の前走のレース別成績を調べると、「ヴィクトリアマイル」や「オークス」という春の牝馬限定GI からの臨戦馬が好成績を残している。しかし、3着内率では「芝の1600万下」からの臨戦馬が2番目に高い数値をマークしており、前走が条件クラスのレースだからといって一概に軽視するのは禁物だろう。なお、「芝のGIIIJpnIII」から10頭の3着以内馬が出ているが、2007年以降は〔0・2・2・28〕と好走例が減少していることは覚えておきたい。


K2
 

前走4着以下からの巻き返しに注意

過去10年の前走の着順別成績を調べると、前走で「4、5着」だった馬が5勝を挙げ勝率26.3%をマークしている。ただし、同グループからは2・3着馬が出ておらず、「6着以下」だったグループから12頭が2、3着に入っている。なお、3着内率でトップとなっているのは「2、3着」組だが、同グループで優勝したのは2007年のアサヒライジングのみで、2009年以降は2着馬も出ていない。近年は前走「6着以下」から巻き返す例が多数あり、前走の着順が悪いからといって評価を下げるのは早計だろう。


K3

82() 新潟11R アイビスサマーダッシュ(3) 1000m

 

アイビスサマーダッシュ

 

【過去10年のデータから(JRA)】

 

毎年のようにシリーズチャンピオンを輩出してきた注目の一戦

「第15回 サマースプリントシリーズ アイビスサマーダッシュ」

サマースプリントシリーズ第3戦のアイビスサマーダッシュは、直線コースで行われる国内唯一の重賞競走だ。ちなみに、過去のサマースプリントシリーズのチャンピオン延べ9頭中6頭は、このアイビスサマーダッシュで優勝していた。昨年はこのレースで4着だったリトルゲルダが、その後北九州記念とセントウルSを連勝してシリーズチャンピオンとなった。シリーズの行方を大きく左右する一戦を読み解くべく、今回は過去10年のレース結果から、好走馬に共通していたポイントを分析してみたい。

 

前走好走馬が中心

過去10年の3着以内馬延べ30頭中21頭は、前走の着順が「5着以内」だった。一方、「6着以下」だった馬は3着内率9.6%と苦戦している。臨戦過程を比較する際は、前走の着順が良かった馬を素直に評価すべきだろう。


A1
 

出走馬の年齢とキャリアに注目

過去10年の年齢別成績を調べると、3着内率では「4歳」馬、「3歳」馬、「5歳」馬の順に高い数値をマークしている。一方、「6歳以上」の馬は苦戦しており、中でも「7歳以上」の馬は延べ44頭が出走して3着以内に入ったのは2014年の優勝馬セイコーライコウ(7歳)だけだ。


A2
 

なお、通算出走回数別に成績を調べると、「24回以上」の馬は優勝例がなく、3着内率も3.8%にとどまっている。一方、「23回以下」の馬は3着内率31.8%と比較的堅実だ。「6歳以上」の馬の中でもキャリアが比較的浅い馬については、若い馬と同じように評価すべきかもしれない。


A3
 

外枠が優勢

過去10年の枠番別成績を調べると、3着内率では「7枠」、「2枠」、「8枠」の順に高い数値をマークしている。内寄りの枠の中でも唯一「2枠」が好成績を残している点は興味深いが、どちらか言えば「7枠」や「8枠」といった外寄りの枠に入った馬が強いレースと言えるだろう。


A4
 

近年は先行力の高い馬が優勢

過去4年の3着以内馬延べ12頭は、いずれも1000万下から上のクラスのレース(新潟・直線芝1000mで行われたレースを除く)において、4コーナーを2番手以内で通過して優勝した経験がある馬だった。2010年以前はこの条件に該当しない馬も健闘していたが、近年の傾向を重視するなら、1000万下から上のクラスのレースを積極策で制した経験がある馬に注目してみたい。


A5

726() 函館11R 函館2歳ステークス(3) 1200m

 

函館2歳S

 

【過去10年のデータから(JRA)】

 

未来への希望を胸に世代の一番星となるのは?

 「第47回 函館2歳ステークス」

年末の2歳チャンピオン決定戦、そして来年のクラシック戦線を目指し、2013年生まれの2歳馬たちによる戦いが始まっている。そのJRA2歳戦線で最初の重賞となるのが、この函館2歳Sだ。世代最初の重賞ウイナーに輝くのはどの馬になるのか。札幌競馬場で行われた2009年を含む過去10年の結果をもとに、レースの傾向を探っていこう。

 

直近の芝のレースでの位置取りに注目

過去10年の出走馬について、直近で出走していた芝のレースでの4コーナーの通過順別に成績を調べると、「2、3番手」と「4~6番手」の2グループが10%を超える勝率をマークし、3着内率でも上位となっている。それに続く成績を収めているのが「先頭」組で、過去5年に限れば3勝2着3回と、同グループの活躍が目立ってきている。それに対し、前走の4コーナーを「7番手以下」で通過していた馬は過去10年で1頭も連対しておらず、3着に入ったのも2008年のアイアンデュークだけとなっている。


H1
 

3着以内馬の半数は4番人気以下

過去10年の単勝人気別成績を調べると、連対率と3着内率で「1番人気」馬、「2番人気」馬、「5番人気」馬が上位の数値をマークしている。また、3着以内馬の数に注目すると、連対馬20頭中10頭、3着内馬30頭中15頭が「4番人気以下」の馬だった。キャリアの浅い2歳馬のレースでもあり、上位人気馬だけでなく、下位人気馬も軽視は禁物だろう。


H2
 

外寄りの馬番に入った馬に注目

過去10年の馬番別成績を調べると、「1~3番」、「1012番」、「1316番」の各グループが3着内率で上位の数値をマークし、「4~6番」、「7~9番」の2グループを引き離している。また、優勝馬の馬番に注目してみると、10頭中6頭は大外から数えて5番目以内の馬番に入った馬だった。コースロスの少ない「1~3番」の馬以外では、もまれる心配の少ない外寄りの馬番に入った馬が、好走する傾向にあるようだ。


H3

726() 中京11R 中京記念(3) 1600m

 

中京記念

 

【過去10年のデータから(JRA)】

 

夏のマイルシリーズ開幕戦

「第63回 サマーマイルシリーズ トヨタ賞 中京記念」

サマーマイルシリーズが創設された2012年に、中京記念は距離を芝2000mから芝1600mに短縮のうえ開催時期を3月から7月に移し、同シリーズの開幕戦として行われるようになった。2012年以降過去3年間の1、2番人気馬はすべて4着以下に敗れ、3番人気馬も3着が1回のみと波乱の決着が続いている。今回は、2012年3月から2015年3月までに中京・芝1600mで行われた2歳馬、3歳馬限定のレースを除く計44レースと、過去3年の中京記念の結果から参考になりそうなデータをピックアップしていく。

 

好位~中団からの差し馬が優勢

2012年3月から2015年3月までに中京・芝1600mで行われた2歳馬、3歳馬限定のレースを除く計44レースにおける4コーナーの通過順別成績を調べると、連対率と3着内率で「6~10番手」組がトップとなり、「2~5番手」組がそれに続いている。ちなみに、過去3年の中京記念では、4コーナーを「11番以下」で通過した馬が2勝を挙げているが、3着以内馬9頭中5頭は「6~10番手」で通過した馬だった。


T1
 

下位人気馬の軽視は禁物

2012年3月から2015年3月までに中京・芝1600mで行われた2歳馬、3歳馬限定のレースを除く計44レースにおける単勝人気別成績をまとめると、好走率で「1、2番人気」馬がやや低調な数値となっているのに対し、「3番人気」馬が勝率・連対率・3着内率のすべてで「1、2番人気馬」を上回りトップとなっている。また、「6番人気以下」から3着以内馬が42頭送り出されており、3着以内馬の約3頭に1頭は「6番人気以下」の馬という計算になる。過去3年の中京記念でも、「6番人気以下」の馬から5頭が3着以内に入っているように、このコースでは下位人気馬が上位に食い込むケースが多いようだ。


T2
 

外寄りの馬番の差し馬が活躍中

過去3年の中京記念について、前走の4コーナーの通過順別に成績を調べると、前走の4コーナーを「11番手以下」で通過していた馬が「10番手以内」で通過した馬を圧倒している。前走のレースぶりを比較する際は、「11番手以下」で4コーナーを通過していた馬を重視したい。


T3
 

また、過去3年の中京記念の馬番別成績を調べると、連対馬6頭中5頭が「1216番」の馬だった。なお、過去3年の中京記念で馬番が「1216番」だった馬の中で、前走の4コーナーを「11番手以下」で通過していた馬は〔2・2・0・4〕と半数が連対を果たしている。今年も、外寄りの馬番に入った差し馬に注目しておきたいところだ。


T4

このページのトップヘ