予想不可能!? by ぶちょお

2014年09月

921() 阪神11R ローズステークス(2) 1800m

 

ローズS

 

【過去10年のデータから(JRA)】

 

秋の3歳女王へ注目のトライアルレース!

「第32回 関西テレビ放送賞 ローズステークス(秋華賞トライアル)」

ローズSは牝馬三冠の最終戦となる秋華賞のトライアルレース。過去10年の秋華賞を制した10頭のうち8頭がこのレースに出走していたように、秋華賞を占う意味で極めて重要な前哨戦となっている。2006年は中京競馬場・芝2000mで行われ、2007年から距離を2000mから1800mに短縮して行われているが、ここでは過去10年の結果をひも解きながら、気になるレース傾向に迫っていく。

 

クラシック出走馬が強い!

まず、過去10年の前走のレース別成績を調べると、勝ち馬10頭中9頭が「桜花賞」または「オークス」以来の出走となる馬だった。また、連対馬で見ると20頭中18頭が前走でオープンクラスのレースに出走していた。しかも、その18頭すべてに「桜花賞」か「オークス」への出走経験があった。このレースでは、春の時点ですでにそれなりの実績を残していた馬が上位争いを繰り広げる傾向にあるようだ。


R1
 

直近に出走した芝のレースでの位置取りに注目!

次に、直近に出走した芝のレースでの4コーナーの位置別に成績をまとめると、勝率・連対率で「10番手以下」組がトップとなり、3着内率では「6~9番手」組がトップの数値をマークしている。「2~5番手」組と好走率を比較すれば、前記した2グループが圧倒していることがわかる。今年の出走馬についても、直近に出走した芝のレースにおいて4コーナーを何番手で通過していたのか注目してみたい。


R2
 

近3走の条件と単勝人気は要チェック!

近3走以内に出走したオープンクラス・芝1600m以上のレースにおける最高単勝人気別に成績を調べると、「1番人気」組が3着内率50.0%、「2番人気」組が連対率で41.2%という優秀な数値を叩き出している。近3走以内に、オープンクラス・芝1600m以上のレースで上位人気に支持されていた経歴を持つ馬は、このレースでも高く評価しておきたいところだ。


R3

921() 新潟11R 朝日杯セントライト記念(2) 2200m

 

セントライト記念

 

【過去10年のデータから(JRA)】

 

伏兵馬の台頭も目立つ菊花賞トライアル!

「第68回 朝日杯セントライト記念(菊花賞トライアル)」

今年から「朝日杯」の冠がついたセントライト記念は、1026日に行われる菊花賞のトライアル競走で、上位3着までの馬に優先出走権が付与される。今年は中山競馬場のスタンド等整備工事に伴い、新潟競馬場が舞台となる。コース変更の影響がありそうなことも踏まえたうえで、今回は中山・芝2200mで行われた過去10年のレース結果から、好走馬に共通するポイントを分析してみたい。

 

前走連対馬が中心!

過去10年の3着以内馬30頭中17頭は、前走の着順が「2着以内」だった。一方、前走の着順が「3着以下」だった馬は3着内率14.3%とやや苦戦している。基本的には前走連対馬が強いレースと言えるだろう。


S1
 

なお、前走の着順が「3着以下」だった馬のうち、そのレースが「JRAのGIJpnIGIIJpnII」以外のレースだった馬の3着内率は7.7%にとどまっている。前走が「JRAのGIJpnIGIIJpnII」でなかったにもかかわらず、連対を果たせなかった馬は評価を下げたいところだ。


S2
 

キャリアの浅い馬に注目!

過去10年の3着以内馬30頭中17頭は、通算出走回数が「7回以下」だった。一方、通算出走回数が「8回以上」だった馬は3着内率14.9%とやや苦戦している。過去の戦績を比較する際は、キャリアが比較的浅い馬に注目してみたい。


S3
 

短距離に実績のある馬が苦戦!?

過去10年の3着以内馬30頭中25頭は、JRAの1800m未満のレースにおいて優勝経験がない馬だった。一方、JRAの1800m未満のレースで優勝経験のあった馬は3着内率10.2%と好走率が低い。


S4
 

さらに、JRAの500万下から上のクラスの1800m未満のレースにおいて優勝経験があった馬は、22頭いたもののすべて4着以下に敗れている。2200mのレースだけに、各馬の距離実績や適性をしっかり吟味したいところだ。


S5
 

“末脚”がポイント!

過去10年の3着以内馬30頭中23頭は、JRAの芝1800m以上のレースにおいて、出走メンバー中1位の上がり3ハロンタイム(推定)をマークした経験のある馬だった。一方、その経験がなかった馬は3着内率10.9%と苦戦している。過去のレースぶりを比較する際は、上がり3ハロンタイムにも注目したい。


S6

このページのトップヘ