予想不可能!? by ぶちょお

2013年04月

55() 新潟11R 新潟大賞典(3) 2000m

 

新潟大賞典 のコピー

 

【過去10年のデータから(JRA)】

 

実績馬と新興勢力がしのぎを削る波乱含みのハンデキャップ重賞!

「第35回 新潟大賞典」

2005年以降過去8回の新潟大賞典優勝馬のうち、2006年の当レースに続く2度目の重賞制覇となった2008年のオースミグラスワンを除く7頭は、いずれもこのレースがJRAの重賞における初勝利だった。実績馬だけでなく、これから飛躍しそうな新興勢力にも注目したい一戦だ。なお、2007年以降は単勝1番人気馬が6連敗中で、2008年以降は3着以内に入った馬すらいない。昨年も単勝1番人気のダノンバラードが4着に敗れ、3連単306700円の高額配当が飛び出した。ハンデキャップ競走らしい難解な一戦を読み解くべく、今回は過去10年の結果からレースの傾向を分析してみたい。

 

前走も中距離のレースだった馬が中心!

過去10年の3着以内馬30頭中22頭は前走で「18002000m」のレースに出走していた。該当馬は好走率の面でも前走が「1700m以下」だった馬や「2100m以上」だった馬を上回っている。まずは前走も今回と同じくらいの距離のレースだった馬に注目すべきだろう。


N1
 

“逃げ馬”や“先行馬”が苦戦!?

過去10年の連対馬20頭中、2004年1着のマイネルアムンゼン、2008年2着のマンハッタンスカイを除く18頭は、前走がJRAのレースで、そのレースの4コーナーを「4番手以下」で通過していた。前走で“逃げ”や“先行”の競馬をしていた馬は割り引きが必要かもしれない。


N2
 

前走の“末脚”がポイント!

前走がJRAのレースだった馬について、そのレースの上がり3ハロンタイム(推定)順位別成績を見ると、前走で出走メンバー中「2位以内」の上がり3ハロンタイム(推定)をマークしていた馬が優秀な成績を収めていた。ゴール前の直線が長い新潟・芝外回りコースの2000mで開催されるレースだけに、前走のレースぶりを比較する際は“末脚”に注目してみたいところだ。


N3
 

近年は外枠が不振!?

2006年以降の馬番別成績を見ると、1116番」の馬が3着内率9.8%と苦戦している。ちなみに、3連単306700円の大波乱決着となった昨年は、1枠1番のヒットザターゲットが1着、3枠5番のダンツホウテイが2着、2枠4番のメイショウカンパクが3着と、内めの枠に入った馬が上位を占めた。2005年以前は外めの枠に入った馬もまずまず健闘していたが、近年の傾向を重く見るなら、11番から外の枠に入った馬は評価を下げるべきかもしれない。


N4
 

オープンクラスで見せた末脚に注目!

2007年の過去6年の優勝馬6頭は、いずれもオープンクラス・芝18002200mのレースにおいて出走メンバー中1位の上がり3ハロンタイム(推定)をマークした経験があった。また、この6頭は前走の4コーナーを4番手以下で通過していた点や、前走で出走メンバー中4位以内の上がり3ハロンタイム(推定)をマークしていた点も共通している。ちなみに、以上の条件をすべて満たしていた馬は、過去6年で〔6・2・1・12〕(3着内率42.9%)と好走率の面でも優秀だ。既にオープンクラスの芝中距離のレースでメンバー中1位の上がり3ハロンタイムをマークしたことがあり、前走で“差し”“追い込み”の競馬をしていた馬が有力候補と言えるだろう。


N5

54() 京都11R 京都新聞杯(2) 2200m

 

京都新聞杯 のコピー

 

【過去10年のデータから(JRA)】

 

日本ダービーへ大いなるステップを踏み出せ!

「第61回 京都新聞杯」

日本ダービーの前哨戦として争われる一戦。このレースの優勝馬からは、2000年のアグネスフライト以来、ダービー馬に輝いた馬は途絶えているが、それでも2004年のハーツクライ、2005年のインティライミが日本ダービーで2着に、2012年のトーセンホマレボシが同3着に好走している。今年もこのレースから日本ダービーで好走を果たす馬が飛び出すのか、興味は尽きない。それでは過去10年の結果をひも解きながら、レース傾向を見ていこう!

 

前走GIJpnI 出走馬が貫録を見せる!?

前走の条件別成績を集計すると、前走「GIJpnI」組が勝率20.0%。連対率33.3%、3着内率では53.3%の優秀な数値を叩き出し、いずれもトップに君臨している。それに続くのが「GIIIJpnIII」組で、前走が重賞だったグループが好成績を残している。


K1
 

次に、過去10年で13頭の3着以内馬を送り出している前走「500万下」組について、そのレースでの着順別成績を調べてみると、「1着」だった馬が勝率12.1%、連対率21.2%、3着内率30.3%で、いずれも前走「GIIJpnII」組を上回る数値を残していた。前走「重賞」組以外では、「500万下」を勝って臨んできた馬に注目したい。


K2
 

直近で勝利したレースが芝2000m以上だった馬が優勢!

直近で勝利したレースの距離別成績では、「芝2100m以上」組が勝率15.6%、連対率28.1%、3着内率34.4をマークし、それぞれトップに立っている、それを追うのが「芝2000m」組の勝率10.8%、連対率18.9%、3着内率32.4%で、この2グループの数値は、他のグループの数値を大きく引き離している。今年もこの傾向が当てはまるのか、直近で勝利を挙げたレースの距離は、チェックしておきたい。


K3
 

連対率上位は単勝2~3番人気!

単勝人気別成績を見ると、連対率60.0%の「2番人気」組、同50.0%の「3番人気」組が好成績を残している。「1番人気」組は連対率では20.0%にとどまっているが、3着内率では50.0%に数値を上げている。「1~3番人気」馬は、いずれも3着内率50%以上をマークしており、ある程度は人気に応える走りを披露している、と言えそうだ。


K4
 

JRAで通算2勝以上の馬が強い!

過去10年の勝ち馬10頭中9頭は、JRAのレースにおいて通算2勝以上を挙げていた。出走頭数は「2勝以上」が68頭、「1勝以下」が74頭というなかでの成績でもあり、勝ち馬を探すうえで、JRAでの通算勝利数を目安としてみるのもよさそうだ。


K5

428() 京都11R 天皇賞(春)(1) 3200m

 

【予想キーポイント】


・前年の菊花賞で5着以内。

・ダービーで連帯実績のある馬。

・産経大阪杯、阪神大賞典で3着以内。

・日経賞で2着以内。

・大阪-ハンブルグCで好走した馬。

・過去に3000m以上で実績のある馬。

・過去に京都の芝1800m以上で実績のある馬。

・上位人気馬の信頼度が低く、下位人気が絡む。

45歳馬が中心。

・前走成績等の条件が揃えば67歳馬でも割り込める。

・内外枠が有利。

・下位人気の内枠はチャンス。

 

        データ等の詳細は無料メールマガジンで!!

『競馬予想でお小遣いを増やそう計画』

427() 東京11R テレビ東京杯青葉賞(2) 2400m

 

【予想キーポイント】

・毎日杯、すみれS3着以内。

・弥生賞の勝馬との差が1秒以内。

・キャリア24戦が好成績。

2000m以上のレースで優勝経験のある馬。

12番人気は信頼できる。

6番人気以下にも注意。

・逃げ、先行馬は割り引き。

・上り3Fが上位の差し馬が狙い。

・内枠の成績が比較的良い。

3着に関しては外枠。

 

        データ等の詳細は無料メールマガジンで!!

『競馬予想でお小遣いを増やそう計画』

428() 京都11R 天皇賞(春)(1) 3200m

 

予想ポイント(狙い目)

 

【前走レース】

産経大阪杯、阪神大賞典、日経賞、大阪-ハンブルグC、京都記念、ダイオライト記念

【前走距離】

20002200240025003000

【ローテーション】

25週、中9

【人 気】

1番人気の3着内率は30

2番人気の3着内率は50

3番人気の3着内率は30

4番人気の3着内率は50

5番人気の3着内率は30

【配 当】

人気サイドが信用できない、荒れる傾向が強い

【脚 質】

逃げ馬の3着内率は23

先行馬の3着内率は36

差し馬の3着内率は18

追込馬の3着内率は0

【世 代】

46歳が中心

【枠 順】

168枠が展開有利

【所 属】

関西馬の3着内率は19

関東馬の3着内率は13

地方招待馬の3着内率は0

 

        詳しくは無料メールマガジンで!!

『競馬予想でお小遣いを増やそう計画』

427() 東京11R テレビ東京杯青葉賞(2) 2400m

 

予想ポイント(狙い目)

 

【前走レース】

毎日杯、弥生賞、山吹賞、すみれS、若葉S、スプリングS、ゆきやなぎ賞、フリージア賞、アザレア賞

【前走距離】

1800200022002400

【ローテーション】

3467

【人 気】

1番人気の3着内率は80

2番人気の3着内率は50

3番人気の3着内率は30

4番人気の3着内率は20

5番人気の3着内率は20

【脚 質】

逃げ馬の3着内率は10

先行馬の3着内率は22

差し馬の3着内率は23

追込馬の3着内率は7

【枠 順】

内~中枠がチャンス

【所 属】

関西馬の3着内率は21

関東馬の3着内率は15

 

        詳しくは無料メールマガジンで!!

『競馬予想でお小遣いを増やそう計画』

このページのトップヘ