予想不可能!? by ぶちょお

2012年05月

5月13日(日) 東京11R ヴィクトリアマイル(GI) 芝1600m

はずれ(TДT)


3週続けての不的中とは…、
なんとかしなければ、次回に期待です。

5月13日(日) 東京11R ヴィクトリアマイル(GI) 芝1600m

ヴィクトリアマイル タイトル


【過去10年のデータから(JRA)】

上半期のヒロイン決定戦!「第7回 ヴィクトリアマイル」

2009年のウオッカ、2010年のブエナビスタ、そして2011年のアパパネと、近年のヴィクトリアマイル優勝馬はいずれもJRAのGIJpnI で複数回優勝経験のあった実績馬である。もっとも、創設2年目の2007年は単勝12番人気のコイウタが優勝を果たして3連単2283960円の超高額決着となった。波乱の可能性は決して低くないレースと言えるだけに、前評判の低い馬までしっかりチェックしておきたいところだ。上半期最大の4歳以上牝馬限定レースを制し、現役を代表する女傑として初夏や秋以降のビッグレースに駒を進めるのは一体どの馬だろうか。今回は過去6年のレース結果から、好走馬に共通するポイントを分析してみたい。


前走が牡馬相手だった馬に注目!

過去6年の優勝馬6頭中、2008年のエイジアンウインズを除く5頭は前走が「牝馬限定以外」のレースだった。また、前走で「牝馬限定以外」のレースに出走していた馬の好走率は、前走が「牝馬限定」のレースだった馬のそれを大きく上回っている。「牝馬限定」のレースを前哨戦に選んだ馬よりも、牡馬やせん馬も出走可能なレースをステップに臨む馬の方が好走する確率は高いようだ。


V1

前走も1600mだった馬が優勢!

前走の距離別成績を見ると、前走で「1600m」のレースに出走していた馬が3着内率37.5%と優秀な好走率をマークしていた。2011年の優勝馬アパパネも、前走で阪神・芝1600m外回りの読売マイラーズCに出走していた。今年も前走が今回と同じ「1600m」のレースだった馬にはしっかり注目しておこう。


V2

前走好走馬が強い!

過去6年の3着以内馬18頭中9頭は、前走がJRAの平地レースで「2着以内」に好走していた馬だった。一方、前走がJRAの平地レースで「3着以下」に敗れていた馬は、3着内率7.4%と苦戦している。前走内容を比較する際は、前走着順が良かった馬を高く評価すべきだろう。


V3

内めの枠に入った馬が比較的有利!

枠番別成績を見ると、「1~3枠」の馬が3着内率27.8%と比較的高い好走率をマークしていた。「4~8枠」からも好走馬は出ているが、どちらかと言えば内枠が有利なレースだ。


V4

なお、「4~8枠」だった馬のうち、4コーナーを「5番手以内」で通過した馬は好走例がなかった。真ん中から外めの枠に入り、なおかつ先行策をとりそうな馬は割り引きが必要かもしれない。


V5

重賞ウイナーをチェック!

過去6年の3着以内馬18頭中15頭は、JRA重賞で優勝経験のある馬だった。一方、JRA重賞で優勝経験のなかった馬は、3着内率7.1%と苦戦している。今年もまずは重賞で優勝経験のある馬に注目してみたい。


V6

なお、JRA重賞において優勝経験があった馬のうち、芝1600mのJRA重賞で優勝経験があった馬は勝率20.8%、連対率33.3%とさらに優秀な好走率をマークしていた。重賞ウイナー同士を比較する際は、今回と同じ芝1600mの重賞で優勝経験がある馬を重視すべきだろう。


V7

馬格のない馬は割り引き!?

過去6年の3着以内馬18頭中14頭は、出走時の馬体重が「460キロ以上」だった。一方、「460キロ未満」の馬体重で出走した馬は、3着内率8.9%と苦戦している。牝馬限定のレースではあるが、小柄な馬は少々割り引きが必要かもしれない。

V8

【予想ポイント】

(実績)

GI3着以内経験

前々走か前走で重賞初制覇(牝馬限定重賞のみ)

(ローテ)

前走が阪神牝馬S(着順不問)

前走がドバイのレース(9着以内)

前走が芝1600mの牡馬混合重賞(4着以内)

前走が福島牝馬S(1)

(距離実績)

1800m以上の連対経験

5月12日(土) 東京11R 京王杯スプリングC(GII) 芝1400m

京王杯タイトル



【過去10年のデータから(JRA)】

単勝1番人気馬が12連敗中!波乱の続く古馬短距離重賞

連対馬の大部分は前走が「1400m以上」!
過去10年の連対馬20頭中16頭は前走で「1400m以上」のレースに出走していた馬だった。また、前走が「1400m以上」だった馬の連対率は、前走が「1400m未満」だった馬の連対率を大きく上回っている。3着内率はそれほど変わらないものの、2着以内に好走する確率を重視するなら、前走が「1400m以上」だった馬に注目したいところだ。

K1

前走で先行していた馬は割り引き!?
過去10年の優勝馬10頭中、2002年のゴッドオブチャンスを除く9頭は前走がJRAの平地レースで、そのレースの4コーナーの位置が「5番手以下」のJRA所属馬だった。東京競馬場がリニューアルオープンした2003年以降に限っても、前走がJRAの平地レースでそのレースの4コーナーの位置が「4番手以内」だったJRA所属馬は〔0・3・3・41〕(連対率6.4%、3着内率12.8%)と低調な成績に終わっている。今年も前走で「逃げ」・「先行」の競馬をしていた馬は割り引きが必要かもしれない。

K2

近年は5~6歳馬が優勢!
2004年以降の連対馬16頭中、2009年2着のトウショウカレッジ(7歳)を除く15頭は「5歳」か「6歳」の馬だった。一方、「4歳」や「7歳以上」の馬は好走例が少ないだけでなく、好走率の面でも「5歳」や「6歳」を大きく下回っている。2003年以前は「4歳」や「7歳以上」の馬も健闘していたが、近年は「5歳」や「6歳」の馬が中心と言えるだろう。

K3

内・外枠はやや不利!?
2006年以降の馬番別成績を「1~6番」・「7~12番」・「1318番」に3分割して集計したところ、「7~12番」がもっとも高い好走率をマークしていた。2005年以前は「1~6番」・「1318番」の好走例も多かったが、近年の傾向を重く見るなら真ん中あたりの「7~12番」を引いた馬に注目してみたい。

K4

【予想ポイント】

(実績)

1600万勝ちの実績があれば通用する

(ローテ)

前走がマイラーズC(着順不問)

前走がダービー卿CT(着順不問)

前走が高松宮記念(5着以内)

前走が芝1600m以上の1600(2番人気以内かつ1)

前走が芝1400m以下のOP特別(9着以内)

(年齢)

56歳馬が中心、4歳馬はやや苦戦傾向

5月5日(土) 京都11R 京都新聞杯(GⅡ) 芝2200m

はずれ(TДT)

5月6日(日) 東京11R NHKマイルC(GⅠ) 芝1600m

はずれ(TДT)


2週続けての不的中は初めてですが、次回に期待です。

56() 東京11R NHKマイルC(GⅠ) 1600m


NHKマイルタイトル


【過去10年のデータから(JRA)】

 まず、前走のレース別成績を調べると、優勝馬は「桜花賞」・「スプリングS」・「ニュージーランドT」・「毎日杯」の4レースからしか送り出されていないことがわかった。上記4レースの合計出走頭数は88頭、それ以外の「皐月賞」・「オープン特別」・「その他のレース」は同92頭とほぼ同数で、大きな差が出たことは注目に値するだろう。とくに前走
「桜花賞」・「スプリングS」・「毎日杯」の3グループは好走率でも極めて優秀な数値を叩き出しており、今年もこれら3レースからの出走馬がいれば、ノーマークには出来ないだろう。

NHK1

 また、前走の着順にスポットを当てると、
連対馬20頭中15頭が前走「3着以内」から送り出されていた。連対率でも前走「2着」・「3着」馬が25.0%、「1着」馬も10.4%で、いずれも10%以上をマークしており、「4着以下」の各グループを上回っていた。なお、前走「4着以下」から、このレースで勝利した馬は2頭(2003年ウインクリューガー、2007年ピンクカメオ)いるが、2頭ともに2走前にオープンクラスで芝1600mのレースを勝利していたことは、覚えておいて損はないだろう。

NHK2

 さらに近2走以内での実績に着目すると、
優勝馬10頭中9頭、連対馬は20頭中18頭が、近2走以内に芝1600m以上の重賞レースに出走し、そこで3着以内の成績を残していた。「4着以下」は同69頭で連対馬2頭、「該当レース出走なし」は出走頭数42頭で連対馬ゼロであるのに対し、3着以内の実績があった馬は、69頭が出走し、3着以内数、好走率で大きく上回っている。

NHK3

 JRAのレースでの通算連対率も、重要なチェックポイントと言えるデータが見つかった。
通算連対率が「50.070%未満」・「70.0100%未満」のグループは、3着内率がそれぞれ25.8%、28.6%で、この数値は通算連対率「50%未満」のグループと比べると、実に4倍以上も上回る数値となる。出走頭数が6頭しかいない「100%」組からは、まだ3着以内馬が出ていないが、JRAのレースでの連対率が「50.0%以上」のグループからは、今年も目が離せないだろう。

NHK4

【予想ポイント】

(実績)

重賞連対歴のある馬

(ローテ)

前走がニュージーランドT(3着以内)

前走が毎日杯(2着以内)

前走が桜花賞(着順不問)

前走が皐月賞(46)

前走がスプリングS(3着以内)

56() 新潟11R 新潟大賞典(G) 2000m

新潟大賞典タイトル


【過去10年のデータから(JRA)】


単勝人気別成績で、3着内率のトップ数値を叩き出したのは単勝「2番人気」馬で60.0%。単勝「2番人気」馬は最近3年間で1着2回、3着1回の好成績を収めている。勝率ではトップタイの30.0%をマークする単勝「1番人気」馬だが、最近5年間で3着以内に入ったのは2007年2着のサイレントプライドだけ。2006年のオースミグラスワン以降は1番人気馬の優勝が途絶えているが、今年はどうなるのか注目してみたい。

N1

 負担重量別成績では
5556キロ」組が、好走率のすべてでトップとなっている。同グループの3着内率27.3%は、2番手の「5454.5キロ」組に10%以上の差をつけており、断然トップとも言えるデータだろう。また、注目すべきは連対馬20頭すべてが「54キロ以上」のエリアから出ていることで、軽ハンデ馬が苦戦を強いられている。ハンデキャップレースとあって、やはり負担重量は目の離せないポイントになるだろう。

N2

 前走の着順別成績では、前走「1着」・「2着」・「3着」の3グループが、3着内率で30%を超える数値をマークしていた。前走「5着」組が同25.0%で続いており、総じて前走で「5着以内」に入っていた馬が優勢にある。しかし、3着馬の頭数に焦点を当てると、前走「2~5着」組からは3着馬がゼロという興味深いデータが得られた。前走「6着以下」組は連対率では5%以下にとどまっているが、3着への食い込みは、大いに警戒すべきデータと言えそうだ。


N3

【予想ポイント】


(ハンデ)
トップハンデ馬はまあまあ信頼できる
ピンポイントで狙うなら56キロ
(ローテ)
前走がOP特別(6着以内)
前走が中山の芝G(着順不問)
前走が阪神の芝G(9着以内)
前走が1600(1)
(人気)
1番人気は最近不振
2番人気が最近好調
(脚質)
差し・追込馬が有利

55() 京都11R 京都新聞杯(G) 2200m


京都新聞杯タイトル


【過去10年のデータから(JRA)】

過去10年の京都新聞杯では単勝1番人気馬が2勝と、いまひとつの成績。その成績を単勝オッズ別に分析してみると、単勝オッズ「2.9倍以下」で連対したのは、2005年に勝利したインティライミ(2.4倍)のみ。単勝オッズ1倍台に推された2頭がともに2ケタ着順というデータは気がかりなものと言えるだろう。逆に好成績を残しているのが、3.03.9倍」の馬。「20.029.9倍」組からも2着と3着に各3頭が入っていて、妙味あるエリアとなっている。

K1

 前走のレース別成績に目を向けると、
前走が「皐月賞」だった馬が好成績を挙げていた。そこで前走が皐月賞だった馬のそのレースでの単勝人気を調べたのが〔表3〕。皐月賞で「単勝5番人気」だった馬が2勝を挙げ、「6~9番人気」から3着馬が3頭というのが目立っている。ちなみに皐月賞「10番人気以下」から京都新聞杯で連対した3頭には、皐月賞トライアルで2着に入って皐月賞の優先出走権を手にしていたという共通点がある。また京都新聞杯では、「毎日杯」、「500万下特別」から臨んだ馬も好成績を残している。

K2

 京都新聞杯では過去10年で、
年明けにデビューした馬が毎年必ず3着以内に入っていることがわかった。年々競走馬としてのデビュー時期が早まっているような傾向も見受けられるが、成長をじっくり待ってターフに登場してきた馬にも注目したい一戦だ。今年も「遅れてきた大物」にはマークをしておきたいところだろう。

【予想ポイント】

(距離実績)

2000m以上の1着歴

(ローテ)

前走が皐月賞(5着以下)

前走がムーニーバレーRC(2着以内)

前走が上記以外の芝1800m以上の重賞(着順不問)

前走が上記以外の500(6着以内)

このページのトップヘ