予想不可能!? by ぶちょお

みなさんの競馬予想のお役に立てればと思い、無料メルマガの配信を始めました。
興味のある方は、お気軽にご登録ください。
予想は【開催日午前中】を配信予定とさせていただきます。

メルマガ購読・解除


 

129() 東京11R 根岸S(G) 1400m




根岸S出馬


 

 東京のダート1400mということで、出走馬にはスプリンター、マイラー、中距離馬までさまざま。その中でも好走しているのが、マイラーと中距離タイプ。その証拠に中山施行の03年を除く過去9回の連対馬18頭中14頭には、芝・ダートを問わず1600m以上の連対実績があった。

 次に、ローテーション。かつてはガーネットSが主流も、08年に名称をカペラSに変え、施行時期が移動。昨年こそ連に絡んだが、現段階では判断しづらい。ここ3年で注目は3連対のダート12001400mのオープン特別経由だ。ただし、1着馬のみ。

 


 各年齢別の勝率は、「4歳馬」から「7歳馬」までほぼ均等の数字となっているが、連対率では「5歳馬」が突出している。3着内率も同様で、今年も「5歳馬」には注目が必要だろう。このレースには7歳以上の馬の出走も多いが、優勝したのは2003年のサウスヴィグラスと2006年のリミットレスビッドだけで、ともに「7歳馬」だ。昨年こそ3着に8歳のダイショウジェットが入ったが、最近はベテラン勢がいまひとつという結果になっている。

 


 中山競馬場のダート1200mで行われた2003年を除く過去9回で、前走が「1200m」だった馬が5勝、2着4回の成績を挙げている。一方、根岸Sと同じ「1400m」から臨んで勝利したのは、2010年のグロリアスノアだけ。3着馬は6頭出ているが、優勝争いは難しいようだ。

 


 中山競馬場のダート1200mで行われた2003年を除く過去9回の枠番別成績を調べてみると、「7枠」と「8枠」から優勝馬が出ていないことがわかった。それ以外の枠は、ほぼ互角の成績となっている。ただし、「7枠」からは6頭が3着以内に入っており、そのうち4頭には、4コーナー12番手以下から追い込んできたという共通点がある。



【予想ポイント】
 


(距離実績)

1600m以上の連対歴

 


(実績)

重賞1着歴

重賞2 or OP特別1着歴

前走~4走前の間に3連勝 or 3戦連続連対

 


(ローテーション)

前走がダ12001400mOP特別(1着)

45カ月ぶりの休み明け(前走1着)

前走が1800m以上のGI9着以内)

前走がカペラS1着)

 


3着馬)

枠番 7枠に入った馬


128() 京都11R シルクロードS(G) 1200m


シルクロード


過去10年の出走馬の前走のレース別成績を見てみると、勝率では「JRAの重賞」「淀短距離S」以外組、3着内率では「JRAの重賞」組がトップの数値をマークしているものの、連対率では「淀短距離S」組を含め大きな差はついていなかった。

次に、出走馬158頭中で最も多い延べ60頭を送り出す「淀短距離S」組について、そのレースでの4コーナーの位置別成績を調べてみると、「淀短距離S」の4コーナーを「5番手以内」で通過した馬はシルクロードSで1頭も連対していないことがわかった。「淀短距離S」で好成績を収めていた馬に関しても、先行していた馬の過信は禁物と考えたい。

枠番別成績を見ると、「7枠」および「8枠」の馬は優勝例がなく、2着に入ったのも2008年のコパノフウジン(7枠13番)だけ。「7枠」・「8枠」の馬は単勝3番人気以内の支持を集めた馬に限っても〔0・0・1・6〕(3着内率14.3%)と苦戦している。今年も極端に外めの枠を引いた馬は割り引きが必要かもしれない。



【予想ポイント】


差し・追込馬が有利!!
外国産馬が活躍!!

(実績)
重賞連対歴
前走もしくは前々走で1


(ハンデ)
トップハンデ馬と53キロ以下は微妙

ピンポイントで狙うなら54キロ

(ローテーション)
前走が淀短距離S9着以内)

前走が芝12001400mの古1600万(3着以内)




 




訪問ありがとうございます。

今日の結果です。


結果


3連複


3連単





1
22() 中山11R アメリカJCC(G) 2200m



アメリカ



このレースでは、過去10年で単勝「1番人気」馬が3勝。しかし、その3勝はすべて単勝オッズ「1.9倍以下」の圧倒的な支持を集めた馬が挙げたもので、「2.0倍以上」で1番人気に支持された馬は7頭とも4着以下に敗れている。また、単勝「10番人気以下」、または単勝オッズ「50倍以上」の馬は3着以内がゼロとなっており、極端な下位人気馬の食い込みは見られない。



優勝馬を年齢別にまとめてみると、4勝ずつを挙げている「5歳馬」と「7歳馬」の活躍が目立っている。また、連対率と3着内率では「4歳馬」と「8歳馬」も高い数値をマークしており、この分布はフォーメーション投票を検討する際に活用できるかもしれない。逆に不振なのが「6歳馬」。34頭が出走して、連対を果たしたのは2009年のネヴァブション(1着)だけ。


前走が「GIJpnI」だった馬が好成績。なかでも前走で有馬記念に出走していた馬は、延べ12頭中5頭が3着以内に入る活躍ぶりを見せている。また、頭数は少ないものの、菊花賞から直行してきた馬は3頭おり、そのうち2頭が2着に入っていた。次いで成績が良いのが前走「GⅢ・JpnⅢ」組で、その中でも中山金杯から転戦してきた馬が、過去10年で4勝を挙げている点は注目が必要だろう。反対に、前走「GⅡ・JpnⅡ」組や前走「オープン特別」組は苦戦傾向にある。


【予想ポイント】


単勝オッズが1.9倍以下は3着内率100%

単勝オッズが50倍以上は3着内率0%

単勝人気9番人気以下で3着までが決まっている

関東馬が活躍!!

(実績)                                   
重賞1着歴

前走・前々走が条件戦で2着以内かつ中山芝の連対率100%
中山芝の複勝率50%以上


(ローテーション)
前走が有馬記念(着順不問)
前走が中山金杯(着順不問
前走が上記以外の重賞(6着以内)

 


 

122() 京都11R 平安S(G) 1800m



平安S
単勝人気別の成績で注目したいのは、単勝「1番人気」馬が未勝利で、優勝馬が「2~9番人気」のエリアから出ていることだ。そのなかでも勝率トップの「5番人気」、優勝馬4頭を送り出す「6~9番人気」がクローズアップされる。率の上では「1番人気」・「3番人気」・「5番人気」が3着内率50.0%をマークしている一方で、「6番人気以下」から全体の3分の1にあたる延べ10頭の3着内馬が送り出されている。



馬番別の成績の特徴は、内枠勢の成績が良いことだ。「1~3番」と「4~6番」の2グループでは勝率が10%を超えているが、それより外の馬番では4%未満の勝率にとどまっている。しかも、2桁馬番での優勝は2002年、2003年に連覇を果たしたスマートボーイ(200215番、200312番)による2勝だけ。「7~9番」で優勝したのも2004年のタイムパラドックス(7番)1頭だけとなっており、2005年以降は「1~6番」のグループが7連勝中。


過去10年の出走馬の近2走の着順を比較してみると、「近2走ともに1着」と「前々走より前走の着順が上」の2グループが、その以外の2グループより、勝率、連対率で圧倒的上位の数値を叩き出していた。ちなみに、「近2走ともに1着」で優勝した2頭(2006年タガノゲルニカ、2007年メイショウトウコン)は、条件クラスを連勝してきた馬。


【予想ポイント】


13番人気は信用できない

逃げ・先行馬が有利

(実績)                                   
重賞1着歴

前走1着(前々走3着以内前走1着が
重賞23着歴


(ローテーション)
前走がダ1800m以上のOP特別(9着以内)
前走がJCダート(9着以内)




 


 






 



このページのトップヘ